車を売る時には下取りと買取どっちが高く売れるのか?

Home / 車を売る時には下取りと買取どっちが高く売れるのか?

車を売るときには、下取と買い取りの2つの方法があります。下取とは、車を買い換えるときに、新しい車を購入する販売店で今乗っている車を売り、購入する車の代金の一部に充てる方法です。以前から多くの人が利用しており、今でもよく利用されています。

この場合の価格は、各社が設定している基本価格をもとに傷などの車の状態によって減額して決定するのが一般的です。メリットとしては、車を購入する販売店で契約できるので、手間がかからないこと、購入する車の納車と同時に引き渡せるので代車の必要がないことが挙げられます。

買取りとは、専門店などに今乗っている車を売って現金を得ることです。車を買い換えるのであれば、車を売って得られたお金を次の車の購入資金に充てることができます。この場合の価格は、中古車業者間のオークション相場をもとに決められ、車の装備やオプションなども評価の対象になります。

2つの方法のどちらが得かは、車種や車の状態、地域や市場の動向などによって異なるので、一概に言うことはできません。しかし、現在では、通常は買取りの方が高い価格で売ることができることが多くなっています。場合によっては、金額にかなりの差がつくこともあります。できるだけ高く車を売るためには、まず、それぞれの方法で車を売った場合の自分の車の価格の相場を知っておく必要があります。

下取の価格については、新しい車を購入する販売店で聞いてみると良いでしょう。買取価格の相場については、業者によって差があります。そこで、いくつかの業者で中古車査定を依頼し、比較して判断する必要があります。中古車査定は基本的に無料で受けることができます。また、大手の専門店に依頼すれば、全国規模の相場情報をもとに査定額が算出されるため、もっとも客観的に車の価値を判断してもらうことが可能です。

自分でたくさんの業者の見積もりをして回るには手間がかかりますが、オンライン一括査定を利用すれば数社から概算査定をしてもらうことができます。各店舗の下取、買取り価格をそれぞれ比較検討して、もっとも高く買い取ってくれるところに車を売るのが良い方法です。

古い車の買取ならこちら